岩手県の建設業許可・経営事項審査は行政書士村松哲事務所へ

経営事項審査

○経営事項審査とは
  公共工事を適正に発注するためには,建設業者の工事施工能力などに応じた発注が必要
 と
なります。この施工能力に関する客観的事項の審査が,いわゆる経営事項審査です。主観
 的事項の審査にあたるものが入札参加資格審査であり,この2つの結果を総合的に勘案し
 て,順位格付が行われています。 この経営事項審査は,建設業法により実施され,公共工
 事(公共性のある施設又は工作物に関する建設工事等)を直接請け負う方は,必ず
 この審査をうけなければなりません。

  
有効期間が1年7か月と定められているため毎年受けることが必要です。

○経営事項審査の概要
   1.経営事項審査
      1)国土交通大臣許可業者は国土交通大臣(本店における都道府県に提出・経由
       し、国土交通大臣に送付されます)、知事許可業者については当該知事が審査を
       行います。
      2)経営状況分析(経営事項審査の審査項目の一つです。
        
※指定経営状況分析機関が行います。

   2.経営事項審査申請に必要な資格等
      1)建設業許可を受けていなければ、この経営事項審査を受けられません。

   3.審査基準日
      1)経営事項審査を申請する直前の営業年度終了日。

   4.審査項目
      1)経営規模(X)・・・・・・・・・(X1)①完成工事高(業種別)
                        (X2)①自己資本額(=純資産額)
                           ②利払前税引前償却前利益
                              (=営業利益+減価償却費)

      2)経営状況(Y)・・・・・・・・・・・・・ ①純支払利息比率
                           ②負債回転期間
                           ③売上高経常利益率
                           ④総資本売上総利益率
                           ⑤自己資本対固定資産比率
                           ⑥自己資本比率
                           ⑦営業キャッシュフロー(絶対額)
                           ⑧利益剰余金(絶対額)

      3)技術力(Z)・・・・・・・・・・・・・・・ ①技術職員数(業種別)
                           ②元請完成工事高(業種別)

      4)その他の審査項目(W)・・・・・①労働福祉の状況
                           ②建設業の営業年数
                           ③防災活動への貢献の状況
                           ④法令遵守の状況
                           ⑤建設業の経理に関する状況
                           ⑥研究開発の状況

○経営事項審査の申請手順
   都道府県庁(決算変更届)
       ↓
   経営状況分析申請(財団法人建設業情報管理センター)
       ↓
   審査日予約
    
   ↓
   経営事項審査申請(持参)
       ↓
   経営事項審査結果通知書交付

        
※上記の経営事項審査終了後、同結果通知書(写)等を添付し入札参加を
        希望する発注機関の資格審査申請を提出します。



○電話でのお問合せ
      
  tel.PNG

○メールでのお問合わせ
       
mail.PNG